« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月21日 (日)

アグリコラ iPhone アプリ用 カード管理ツール改

カード管理ツールを改良しました。

今までは端末ローカルで管理していたので、カードデータをセットした端末ではデータがセーブされるのですが、端末が変ってしまえば当然カードデータが引き継がれません。

例えば自宅でiPadでアグリコラをオンラインプレイしていて、カード管理ツールに手札を登録したとしましょう。しかしゲーム途中で外出しなくてはならず、iPhoneで続きをプレイするには再度iPhone側でカード登録を最初からやりなおさなければいけませんでした。これは不便という事で、カードデータをサーバー管理にし、どの端末でも手札データを閲覧できるように改良しました。いわゆるクラウドセーブ版です。

また、ついでにドラフト時のカード管理も簡単にする機能を追加しました。例えば4人プレイの時、4セット分の手札がプレーヤー間をグルグル回ることになります。カードを2枚選択しては次プレーヤーに残りカードを渡すのですが、最終的には4セットのデッキから3~4枚づつを抜き出して1つの手札にまとめなければなりません。そのまとめ作業が面倒だったので1発でまとめる機能を入れました。

こちらのアドレスから。
http://www50.atpages.jp/~northpia/boardgame/agricard/

今回の改良で2つのモード構成になりました。
「Card mode」:手札管理
「Draft mode」:ドラフト時のカード管理とおまとめ

デッキを6つ分管理できるので、カードの配布が「ランダム」「7-10」オプションの場合は「Card mode」だけの使用で遊べるかと思います。しかし「ドラフト」オプションとなるとゲーム開始時にはプレーヤー人数分の手札を把握しなければならず大変です。その時には「Draft mode」に切り替えます。「Draft mode」ではまた別の6デッキが管理できます。

自分の手持ちに回ってくる手札をそれぞれ「ドラフトデッキ1~6」に登録します。例えば最初の自分の手札を”デッキ1”登録します。手札に残したい「小さな進歩」と「職業カード」を1枚づつ選ぶのですが、選んだカードにはチェックマークをつけます。カードをドラフトし右プレーヤーの手札が自分に回ってきます。それを”デッキ2”に登録するのです。そしてやはり手札に残すカードにチェックをつけます。それをプレーヤー人数分、「デッキ2」、「デッキ3」~~と繰り返していき、そのたびにチェックマークをつけます。4人プレイだったら4つ分のデッキができるわけですね。

最終的に複数のデッキにまたがって14のチェックマークがばらばらについたと思います。そこで一番下の「手札デッキ○に合成」のボタンを押します。するとチェックしたカードだけがまとまって指定の番号のデッキにまとまります。

注意しなければならないのはまとり先のデッキは「Draft mode」のデッキではなく、「Card mode」のデッキだということです。なので上の手順で「~合成」ボタンを押しても一見何も起こらなかったように見えるのですが、「Card mode」に戻るとカードがまとまったのが確認できるでしょう。

またサーバー管理になったので最初に「キーワード」の入力を聞かれログインする仕様になりました。同じキーワードでログインすればいつでもどこでもセーブしたデッキが呼び出せます。


Agricard0  Agricard1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

アグリコラ iPhone アプリ版 カード訳管理

アグリコラのiPhoneアプリ版が出ている。

マッチングし易さや、待ち時間のペナルティなどは、まだまだBAJ版の方が便利だが、アプリの出来がいいので非常に楽しめる。現在はEデッキしか無いのだが他のデッキは今後の追加課金で増えて行くようだ。

カードが英語なのでBAJ版用に用意したこの管理ツールがまた使えそう。いちいちアプリを切り替え無くてはならないのが面倒ではあるが、無いよりは便利。iPad iPhone二台持ちの人は更に便利かと思います。

アグリコラカード管理

使い方はこちら
  ↓
Img_0854 Img_0857

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »