« アグリコラ日本語版 購入 | トップページ | アグリコラ プレイ2回目 »

2012年12月11日 (火)

アグリコラ プレイ1回目

本家アグリコラを嫁オドッポと2人プレイ

以前にドイツ語版を所持していた時はファミリールールで1~2回プレイしただけで中古屋に売ってしまっていた。ネットのレビュー等を見るとカードを使ってこそアグリコラの面白さがわかるという話なので標準ゲームでプレイすることに。

ルールは「牧場の動物たち」を既にプレイしていたので家畜ルールはほぼ説明無くて済み楽チン。畑の作物と食料、そしてカード類のルールを補足してゲーム開始。最初に14枚のカードテキストを読み込まなければいけない面で取っ掛かりは悪いが、効果を読みながら今後の戦略を立てている時間は楽しい。

アグリコラはプレイのあちこちでプレーヤーの行動を縛っている細かいルールがある。それをいちいち段取りを踏みながら作物を育てたり動物を飼育したりして徐々に牧場を大きくしていく。食料1つ取っても2段、3段の段取りを踏まなくては入手できないのだ。ファミリールールではその段取りを余すことなく正直にやらなければならないため、確かにルールは軽いのだが”ファミリー”という名に反してガチなアブストラクトゲームになる。細かい段取りを最後まで律儀に段取って行く。例えば先の食料の例で言えば(畑作成)→(小麦入手)→(種植える)→(収穫)→(かまど)の段取りを通ってやっと食料になる。それがファミリールール。嫁は段取りの多さに当初は呆れていた模様。

一方、カードを導入するとその細かい足枷がカード効果によって1つ1つ外されていく。5段階のプロセスが必要だった食料が直接作成できたりする。煩わしかった段取りをズル(ショートカット)出来るのだ。結果的に”ファミリールール”より標準ルールのほうが全14ターン内でとれる手数が多くなり、最終的な牧場の発展具合が進むということになる。こちらのほうが楽しい。

以下はプレイ結果。嫁はほぼ初プレイなので得点方法が余り分からす空白地が多いため減点が多い。繰り返しプレイしたいが今回2人プレイで2時間半かかったので再戦はしばらく後になるか…(得点計算にはしなちくさんのAgricola Calcを使わせて頂いています。)

◆俺:31点
Bg_ag0_2
◆嫁:19点
Bg_ag1_2

|

« アグリコラ日本語版 購入 | トップページ | アグリコラ プレイ2回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189108/56296927

この記事へのトラックバック一覧です: アグリコラ プレイ1回目:

« アグリコラ日本語版 購入 | トップページ | アグリコラ プレイ2回目 »